Proton系のサービスを使い始めた

Proton Mailを初めとしたProton系のサービスを使い始めてみました。

ご存じない方も多いんじゃないかと思うんだけど、Proton系のサービスはスイスのIT企業「Proton AG」が提供しているウェブサービスで、強固な暗号化でプライバシーに配慮した運用が行われている。

なんで突然プライバシーを気にし始めたのか?といいますと、完全に気まぐれなんですけどね。
AIとか好きだしビッグテックも悪くないんだけど、こういうサブの選択肢というのは、世の中に絶対に必要だと思うので応援したい気持ちは少なからずあります。大手だけに任せるんじゃない。

「ニュートン」あたりの科学雑誌で見かけることでおなじみの、CERNの研究者が作ったサービスだから「Proton」という名前なのもなんだかかっこいいじゃあないですか。

有料プランに加入したので、

  • メール
  • パスワードマネージャー
  • VPN
  • クラウドドライブ
  • カレンダー

のそれぞれを使い始めた。有料プラン結構いいお値段するんだけど、それぞれそれなりに使い勝手がよいので、まあ必要な出費かなと思う。

Proton Mailは独自機能もあっていい感じ

メインとなるProton Mailはそれなりに使い勝手良好である。Gmailなどのウェブメールを使ったことのある人なら、なんの問題もなく操作できるはず。

さらに有料プランに加入していると、なかなかマニアックな機能を使用することができる。特に、

  • 独自ドメインの使用
  • メールエイリアスの作成

この辺りが結構重宝している。

独自ドメインをProton Mailで送受信できるので、このブログに来た問い合わせメールなどもProton Mailで受信できている。
これまでもIMAPなどでメールクライアントにメールを移行させていたのだけど、機能的に制限があったりスパムメールの判定が甘かったりという問題があった。とりあえず全て解決だ!

メールエイリアスに関してはいわゆる「捨てアド」を作成できる機能である。こちらは受信限定。悪いことには使えないぞ。
ただ、普通の捨てアドサービスは一度受信ボックスを閉じたら永久にサヨナラ…なんてこともしばしばあった。Proton Mailのメールエイリアスは作成した捨てアドに来たメールを、普通のアドレスと同じように受信して、いらなくなったらアドレス自体を削除できる…というのがなかなか嬉しい。
普通に生きていれば、怪しいサイトに登録する機会というのはなかなか訪れないのだけど、選択肢として存在するのはうれしい。

パスワードマネージャーもいい感じ

パスワードマネージャーのProton Passに関しても、かなりちゃんと機能している。
結構嬉しかったのが、これまで使っていた1Passwordのバックアップを使って、すぐに乗り換えることができるというホスピタリティの高さである。
二段階認証とかワンタイムパスワードもそのまま乗り換え可能!

1Passwordより優れているか?というと、正直機能的にはどっこいどっこいだ。できることに特に変わりはない。
しかしProton Mailとリンクしているので、こちらでメールエイリアスを作成すればメールボックスにメールが届く…というのは結構嬉しいところ。

VPNはとにかく普通

Google OneのVPNが突然終了してしまって、フリーWi-Fi使うのやだなあ…と思っていたんだけど、ProtonだとVPNもついてきます。
常にオンにしているわけではないけれど、外出先で使う分には機能的に問題なし。
VPNを使っていると動かないスマホアプリとかも結構あるけれど、フリーWi-Fi直下で使うことは少ないし、とりあえずお守りとして入れておくのが正解なんじゃないかと思っている。

さあ、スタバでドヤ顔しよう。

クラウドドライブは暗号化されているのでBANされなさそう

Proton系シリーズのウリは、データにゼロアクセス暗号化が施されているので、Proton自身もデータを確認することができない…というところにある。
これはクラウドドライブであるProton Driveにももちろん適用される。

以前、某ビッグテックのクラウドドライブを使っていた際、誤ったファイルをアップロードしたことでアカウントをBANされてしまったことがあった。
実際は特に利用規約に引っかかるものではなかったので、メールでのやり取りの結果アカウントは戻ってきたんだけど、結構困るんだよねあれ。
Proton Driveではそういったことは起こらないはず。とはいえ、ちゃんとした良心を持って使いましょう。

カレンダー

Proton Calendarに関しては…本当に普通のウェブカレンダーという感じ。特筆すべきことは特になく、至って普通である。
一応カレンダーのインポートなどには対応しているので、シフト制の仕事をしている自分としては嬉しかったりはする。
iCal形式しか読み込めないのでちょっと変換めんどくさいけど。

ビッグテックへのカウンターは必要だ

ここしばらく、AIが話題になって各ビッグテックがしのぎを削っているのを眺めるのは非常に楽しいと思っている。
一方で少し前まで存在していた「ビッグテックに全て任せるのはいかがなものか。選択肢が必要じゃないか」という懸念がぶっ飛んでしまったようにも感じる。
ひとりひとりの選択は、すごく小さなパワーではあると思うのだけど、ビッグテックに完全に依存しない消費行動というのは、きっと必要になるんじゃないかなと思っている。

さあ、Protonを使ってみよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です