Xperia 1 IIにぴったりの極薄ケース…Ultra Slim & Light Case DURO アラミド繊維はいいぞ。

フラグシップのXperia 1 IIをせっかく買ったんだから、アクセサリもある程度ちゃんとしたものを使用したい…という欲に駆られた。

これまでのスマホには基本的にSpigenの「ラギッドアーマーシリーズ」を使ってきた。防御力高めのゴッリゴリのスマホケースである。実際にスマホを落とした経験は何度かあれど、スマホ自体へのダメージは毎回ほぼ0に抑えてきた。
ところが最強ラギッドアーマーにも弱点があって、防御に特化するあまりスマホの横部分をばっちり覆うため、Xperiaのサイドセンス機能をもブロックしてしまうのだ…
もちろんサイドセンス側の設定を変更することで、画面の中をタッチすることでサイドセンスを起動することはできるのだけど…使い勝手は若干落ちてしまう。

「画面の端をある程度露出し、かつ防御力もそこそこある」という相反する願いを同時に叶えてくれるスマホケースを欲することになる。
で、その両方を同時に叶えるのがDeffというメーカーの「Ultra Slim & Lite Case DURO for Xperia 1 II Special Edition」である。
「アラミド繊維」という超強度・超耐性・電波透過性が高いという、なんだかチートのような素材を使用している。
お値段もそこそこ高くて、6,000円近い値付けになっているんだけど、それに見合っただけの価値があるケースだと思う。

実際に装着するとこんな感じ。ちなみにスマホリングは別メーカーの物。

装着したところをディスプレイ側から見てみたんだけど…もはや装着しているのかわからないほどの薄さ。
ラギッドアーマーは高い防御力と引き換えに結構な厚みがあって、スマホが一回り大きくなってしまうのだけど、こちらのケースだと厚さが1mmもないのにしっかりと守られている感覚がある。
ディスプレイの側面も露出されているので、サイドセンスの呼び出しも問題なし。

…まあ、側面が思いっきり空いているし、画面もわりと露出しちゃってるから、画面側を下に落としたときのことを考えるとかなり冷や汗ものではある。
スマホリング付けてればだいたい大丈夫でしょう。スマホリング付けるようになってから一度も落としていないし…

この記事を書いている11月末の時点で、公式サイトですら品切れになっているのだけど、これからXperia 1 IIを買うという人も、すでに買ったという人も一度試してみて欲しい。
サイドセンスを快適に使える高機能ケースはこれだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です