大規模接種の予約が取れなかった件、またTwitterで流れてきた攻略法について

これまで休みの日と大規模接種予約の日程が合わず、「予約サイトにつながらない?そもそも仕事中にアクセスできんわ」と思っていたのだけど、たまたまTwitterで「29日の18時から」という情報を見かけたので、ちょっと挑戦してみることにした。
ちなみに今まで「アクセスが殺到する予約」とか「抽選」というものにほぼ当たったことはない。ポール・マッカートニーのライブだけだと思う。

17時50分くらいに接種券を用意、サイトにアクセスし、実際に予約できた人の文章をいくつか読んでみた。
とりあえず「しばらくお待ちください、順番に予約サイトに遷移します」という趣旨の文章が出たらあとはブラウザを更新せずに待てばいいらしい。
18時を少し回ったくらいに「順番に予約サイトに遷移します」が表示されたので、あとは待ちの時間である。予約サイトを画面左半分、加賀美ハヤトの絶体絶命都市4の配信を画面右半分にして、予約サイトの画面が遷移するのを待った。

右画面で「武田インダス」が震災から逃げ回る中、左画面の予約サイトはたまに自動で通信している素振りがあるが、一向に表示が変わらない。
右画面の「武田インダス」が必死でトラックを押している間、左画面の予約サイトは一向に動く気配がない。
右画面の「武田インダス」がコンビニで高額につり上げられた弁当を買うかどうか悩んでいる頃、左画面の予約サイトが動いた。「予約枠はいっぱいになりました」

結局一時間くらい待ったけれど予約サイト内に入ることすらできなかった。まあ、そんなもんである。


少ししてからTwitterを眺めていたら、予約を取りやすい方法!みたいなツイートが流れてきた。直接そのツイートを貼ったり、方法を載せるのは非常に気が引けるのでここでは載せないけど、たぶん検索したら出てくるんじゃないかなと思う。
その方法を使っていいのであれば、僕はたぶん当選確率15倍くらいにできるのだけど、それってどうなんだろう。という気持ちでいっぱいになる。ムダに周りを蹴落とすことになるんだけど。

でもまあ、気持ちはわからんでもない。こういう状況になってもオリンピックは止まらないし、助けてくれる人はいないのだ。

懐かしの自己防衛おじさんを引き合いに出すまでもなく、自分を守るためには自分ができることをするしかない。
それがいささか倫理にもとる方法であっても…となってしまうと、それはもう北斗の拳的な世紀末なので、もう少し我慢しないといけないと思っているけれど。

ご本人がTwitterやってたわ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です