「名探偵コナン 紺青の拳」を見てきた…映像ドラッグだ!

毎年恒例のコナン映画、2019年最新作「名探偵コナン 紺青の拳」を見てきたよ。

参考 名探偵コナン 紺青の拳公式サイト

注意
ここより下には、公式サイトのストーリー紹介にあるくらいのネタバレが含まれます!

あらすじ

舞台はシンガポール。空手大会に招待選手して出場することになった京極真を応援するために、一行はシンガポールへ。しかしパスポートの作成ができないコナンはお留守番…と思いきや怪盗キッドに連れ去られ、気がつくとシンガポールに。パスポートがなければ帰国することもできない。仕方なくキッドと共闘するハメに。

京極が出場する大会のチャンピオンベルトには、19世紀末に海賊船と共にシンガポールの海に沈み、最近になって回収された世界最大のサファイア「紺青の拳」がはめ込まれていた。

そんな最中、マリーナベイ・サンズで殺人事件が発生。現場には怪盗キッドの血塗れの予告状が…

注意
ここより下には、実際に映画を観た感想が書かれています。ストーリーの根幹に関わる部分は、クリックしないと読めないようにはなっていますが、映画未鑑賞の方は見ない方がいいかと。

非常にわかりやすいストーリー展開

ある程度コナン映画を追いかけていると、段々「こいつが実は黒幕で…」とか予想できることが増えてくると思うのだけど、今回の映画に関してはそれがズバズバ当たる人多いんじゃないかな。というのが第一の感想。

予告編を見た段階で「ああ、あのマリーナベイ・サンズに乗っている船が…」と思ったあなた。大正解おめでとうございます。

「こういうシーン、絶対ありそう」と考えた通りのシーンがどんどん出てくる、サービス精神旺盛な映画だなと思ったし、それがちゃんと話のつながりを保ちつつ繰り広げられる。良い意味でちゃんと「娯楽作品」しているなあ。という印象だった。

あの細目、絶対黒幕じゃん。って思っていたら完全に大正解。絶対に目を見開く描写もあるなと思ってたし。そういうちょっとうれしい気分を味わえるという意味でも娯楽作品としていいなと思う。

ジャッキー映画を見ているようだった

これも予告編の時点でなんとなく予想されていたことだけど、全編を通して格闘シーンが満載。シンガポールの雰囲気も相まってジャッキー・チェン映画の様なシーンが数多く見られた。

数年前の映画では観覧車の上で格闘を演じた大人がいたり、某国のスパイと船上で戦う女子高生がいたり、コナン映画には格闘シーンがつきものだけど、今作はカメラワークや打撃エフェクトもとんでもないことになっている。名探偵コナンなのかドラゴンボールなのか、はたまた北斗の拳なのか…という大迫力。やはり予想を裏切らない。

恋愛はどうなるのよ

コナン映画を構成する三大要素は「爆発・恋愛・博士のクイズ」だと思うのだけど(この際推理は置いておこう)、最近フィーチャーされることが多い恋愛に関して。

今回は鈴木園子・京極真という準レギュラー2人の関係がクローズアップされているし、さらに原作で工藤新一・毛利蘭の2人がくっついたあと初の映画ということもあり、その点も注目ポイントだったのだけど、特に進展はなかった。京極さん最後謎の荒れ地にいるし。
まあ、その辺はゆっくりとこれから原作で動いていくのだろうな。そもそも今回本物の新一くん出てきてないから、当たり前と言えば当たり前。

結論 : 灰原さん超有能

というわけで、映画を観た全体の感想としては「期待している映像を次々流してくれる映像ドラッグ」という感じ。楽しめる作品だと思う。

個人的にはこれも劇場版恒例になっている情報屋・灰原さんに磨きがかかっているなという印象。このままの位置で固定されるのはもったいない!と思うのでもっと前に出てきてもらえればと思う。

あと、今回は京極真がクローズアップされたので、そろそろ本堂瑛祐とか世良真純メインで映画やってもバチは当たらないんじゃないかなあ。あの辺のキャラクターが結構好きなんですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です