米津玄師の曲を聴くと思うこと

普通に生きているだけでも、米津玄師の曲を聴く機会が非常に多くなった。

もともとニコニコ動画にボーカロイドの動画をアップしていた人である。調べてみたら、ボーカロイド文化にほとんど触れずに生きてきた僕ですらも目にしたことがある曲を作っていた人だ。

数日前も商店街を歩いていたら「Lemon」が流れていた。米津玄師はUSENでヘビーローテーションされがちである。まあ人気曲だ。暗めの曲調であるにも拘わらず大人気だ。歌ってみた系YouTuberのほとんどはこの曲をカバーしていると思う。日本中ほとんどの人が少しは聞いたことあるんじゃないだろうか、とすら思う。しかし僕はアーケード街で聞く「Lemon」に、僕はどんな感情を抱けばいいのだろう。

米津玄師が歌っているのを聞くと、頭の中にとある情景が浮かんでしまう。

大学デビューを試みるも、なんだか今ひとつ垢抜けない、そんな男子がカラオケで必死に「Lemon」を歌っている姿だ。きっと同じサークル内に好きな女の子がいるのだろう。しかし、その女の子はサークル内の別の男と付き合っている。必死に歌うLemonの音程はどんどんズレていく…

なんだか地獄みたいな情景だけど、米津玄師の歌を聴くたびにそんな情景が頭のどこかに浮かんでしまうのだ。これは実際に見たことがある光景なんだろうか、と思うほどにしっかりとした映像が頭をもたげる…

その垢抜けない男に見覚えはないのだけど、もしかしたら今度鏡を見たらそいつが自分を見返しているかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です