ゲーム配信をすらすらできる人はすごい

このところ、なにを血迷ったかYouTubeでゲーム実況なるものをやったりしている。Switchを買ってしばらくしたらゲーム実況をするための機材がAmazonから届いたのだ。いつの間に買ったのだろうか…?

下手に知識があったため、ゲーム配信に至るまでにそんなに時間はかからなかった。特に設定などに問題は発生しなかった。唯一問題なのは「ゲーム配信ってなにをしゃべればいいかわからない」ということくらいだろうか。そもそもあんまりゲーム配信を見ないできた。ニコニコ動画にあまり馴染めなかったので、最近になってVTuberがゲーム実況をするのをたまに見るくらいだ。だから、普通の人がゲーム実況でなにを話せばいいのかわからないのだ。

配信を開始して、軽く自己紹介、そしてゲームの説明。さて、その後一体なにをしゃべればいいのだろう。ちなみに実際にやったのはスマブラ・マリオカート・テトリス。手元に同じゲームがあれば試していただきたいのだけど、この3つのゲーム実況をするには著しく不向きな気がする。まったくもってしゃべることができない。

恥を忍んで貼り付けるが、だいたいこんな感じになってしまうのだ。

スマブラは相手との駆け引きがものを言うゲームだ。相手の一瞬の隙を突いて攻撃しなければならない。そこでしゃべるというのは完全に相手への集中を削いでしまう行為だ。思い出してみると中学校くらいの頃に友達とやったスマブラは奇声に溢れていた気がする。普段温厚な友人が完全にアウトな罵詈雑言を口走っていた。極限状態に追い込まれた人間の発する言葉はなんらかの事件性を含んでいるのだ。ゲーム実況であんな言葉を口走ったらBANされただろう。

マリオカートは運転ゲームだ。一瞬の油断がクラッシュにつながる。ただの車を運転するだけでも集中力がいるというのに、後ろから甲羅が飛んできたり、バナナの皮が落ちていたりするのだ。ゆっくりとおしゃべりしている場合ではない。

さらにテトリスである。相手との駆け引きはそこまで考えなくていいものの、戦わなくてはいけないのは落ちてくるテトリミノである。テトリスで落ちてくるブロックのことをテトリミノと呼ぶらしいよ…残念ながらテトリスに関する知識はこれで打ち止めだ。あとは相手からの攻撃に奇声を発する以外発する言葉などない。

この3つのゲームの反省から「どうやら反射神経で戦うゲームでゲーム実況をするべきではない」という結論に至った。最初にちょろっとしゃべったあとは「ああー…」くらいしか言えないのである。反射神経ゲーム、ダメ絶対。

たまに反射神経系ゲームをすらすらと実況している人がいるけれど、ああいう人の頭の中がどうなっているのか本当に気になる。慣れの問題なんだろうか…?

反射神経ではなく頭を使ったゲームをするしかないだろうと思って次に手を出そうとしたのが「ギャルゲー」というジャンルだ。なぜかSwitchにギャルゲーが移植されるという不思議な現象が発生しているのだ。これを利用しない手はない。

これまでやったことのないギャルゲー。実況をするにはもってこいの題材じゃないか…と思って気になった「蒼の彼方のフォーリズム」なるソフトを実況しようとしたところ、起動画面に「このゲームを動画配信しないでください」という注意書きを発見してしまった。できれば購入前に知りたかったなその情報…他のところには書いてないじゃん…ちなみに蒼の彼方のフォーリズムは普通にプレイしている。おもしろい。

そんなわけで僕のゲーム実況は暗礁に乗り上げてしまった。でもまだ諦めてはいない。ゲーム実況OKなギャルゲーの情報を知りたい。まだやる気は潰えていないのである。まあ、ギャルゲーじゃなくてもいいんだけども…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です