古のオタクはNetflixに登録すべきだと思う

テレビアニメというのをあまり見ずに育ってきた。日曜朝のアニメ枠はたまに寝過ごしてしまい話の筋がわからなくなるし、予約録画をしてもみるみるうちに溜まってしまう。録画したアニメと明日放送されるアニメ、放送されるスピードに対してアニメを消化するスピードに追いついていないのだ。そしてテープが足りなくなって結局録画自体を諦める。
このところで最初から最後までちゃんと見たアニメって一体なんだっただろうか…いや、人生を通してアニメを全話見たことってあったっけ???というレベルだ。
もちろん、アニメが嫌いというわけではない。むしろたぶん好きだ。大学時代に性的な絵が描かれたクリアファイルを普段使いしてるやつは嫌いだったけどな!

自分がアニメから脱落したのはテレビというメディアに適応できなかったからだ。毎週必ず決まった時間にテレビの前にいるというのができなかったのだ。

というわけでNetflixに登録してみた。

ラインナップがすごくいい

まずはオススメされた作品をチェックしていく。見たい作品をマイリストに入れたり、作品の好き嫌いを選択していくと、オススメリストがすごい勢いでアニメっぽくなっていくのはなぜだろう。なにかを見抜かれている。

そして収録されている作品が現在25歳の自分にとってちょうどいいのだ。

小学生だったくらいから、最近のアニメまで「ああ、あの時友達がおもしろいって言ってたなあ」とか「結局途中でわからなくなった」とか、そういうアニメが出てくる出てくる。

「テニスの王子様」に始まり「ガンダムSEED」「鋼の錬金術師」などなど懐かしいところから、見てみたかった「アイドルマスター」、結局劇場に見に行き損ねた「この世界の片隅に」があり、いろいろな話題を振りまいた「けものフレンズ」、名前を聞いたことあるぞ「攻殻機動隊」「のんのんびより」「氷菓」「らき☆すた」「涼宮ハルヒの憂鬱」…

とりあえず全てを見るのに何ヶ月かかるかわからない。これはなんか違うなと思ったら見るのを止めてしまえるのもよいところだ。

とにかくストレスがない

自分をアニメから遠ざけていた最大の原因であるところの、決まった時間にテレビの前にいなくてはいけないという制約が取っ払われたおかげで、まったくストレスフリーで作品を楽しむことができる。

Chromecastでモニターで見ることもできれば、通勤中にスマホ視聴も可能。布団に寝転がりながらタブレットを使ってもいい。

固定回線があれば、家にいる間にダウンロードしておけば外で通信量を消費することもないし。

テレビに縛られて生活をするのではなく、動画側をこちらで選ぶ。それだけでなんでこんなに快適なんだろう。

Amazon Prime Videoとの違い

ちなみにAmazon Primeにもどっぷり浸かっているので、もちろんAmazon Prime Videoも使うことができるのだけど、Netflixの方が優れてるなと思うのが「配信終了作品」がないことだ。

Amazonの方はいつの間にか配信対象外になることがあり、続き物を見ている途中で「ここから先は別途プライムのお金にプラスで払ってねー」ということになってしまう。今まで2回そういうことになっている。

一方Netflixでは今のところそういう現象に当たっていない。これは意外と大きな違いである。あと個人的にはいたるところに松本人志の広告が出ていないのもNetflixの強みだなあ。

テレビを捨てて、オンデマンドサービスに入ろう

前に「オンデマンドサービスばかりになってテレビが弱ったら、新しい動画作品が作られなくなる」という意見を聞いたのだけど、Netflixのオリジナルコンテンツの量と質を見るに、「オンデマンドサービスが強くなる方がまともなコンテンツが増えるんじゃないか」とすら思っている。

さあ、古のオタク達よ、Netflixに集え!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です