Twitterが仕様変更を発表、なにがどう変わる?

Twitterが日本時間2016年5月24日の23時に今後Twitterの仕様が変更となることを発表した。140文字制限に関わるあれこれが変更になる…のだけど一部で混乱があるようなので、Twitterのデベロッパーブログと普通のリリースから読んでみる。
まずはデベロッパーブログの方から。

Doing more with 140 characters | Twitter Blogs

英語である。苦手である。がんばる。



スポンサーリンク



d=”リプライについて”>リプライについて

リプライをするときに自動で挿入される「@username」は文字制限のカウントから外す

@names that auto-populate at the start of a reply Tweet will not count towards the character limit

そもそもリプライとメンションの違いが周知されていない気がする。この2つは違う概念なのだ!
リプライはこの人のこのツイートについて言及したい…というやつ。日本語で言えば「返信」だろうか。文字通り返信ボタンを押すあれである。例えば挨拶に対して「@username おはようございます!」的なやつ。
対してメンションは日本語で言えば「言及」だろうか。「この前 @username に会ったんだけど~」というやつ。ツイートを作製するときに自分で打ち込むイメージだろうか。

閑話休題。

d=”メンションについて”>メンションについて

リプライではないつぶやき(メンション)に含まれる「@username」は文字数制限にカウントする

new non-reply Tweets starting with a @mention will count, as will @mentions added explicitly by the user in the body of the Tweet.

メンションに含まれる「@username」は文字数にカウントされる。そうしないと無限にユーザー追加できちゃうもんね。

メンションを飛ばすときに「.@」という風にしなくても、あなたのフォロワーにそのメンションが表示されるようになる

new Tweets that begin with a username will no longer have to use the ”.@” convention in order to have those Tweets reach all of their followers.

これまでのメンションのルールでは「@username」という文字列が先頭に来ていると、自分と「@username」の両方をフォローしている人以外にはそのメンションは表示されなかった。
そのためメンションをフォロワー全体に見せたいときは「.@username」という風にピリオドを先頭に付けていたりしたのだけど、その必要がなくなったということ。

ここに関して一部の人の間で混乱が起きていたようなのだけど、リプライに関してはこれまで通り両方をフォローしている人にしか見えない。
自分のフォロワーが自分の知らない女の子を口説いていても安心だ!

ちなみに「すべてのリプライを取得する」っていう設定は今までもあったって知ってました?

d=”メディア付きツイートに関する変更点”>メディア付きツイートに関する変更点

写真、ビデオ、GIF、アンケート、引用ツイート(ステータスURLを使ったもの)、は文字数制限から外す。DM deepリンクも同様。

A URL at the end of Tweets generated from attaching photos, a video, GIF, poll, Quote Tweet, or DM deep link will also not count towards the character limit

写真とかビデオをいれても140文字でつぶやけるようになると。これまでは24文字使ってたんだけどね。
DM deepリンクというのはあまり聞き慣れない言葉だけど、ツイートに対する返信をDMでするときに、該当ツイートへのリンクは文字制限に含まれない…と言うことだと思われる。DMは1万文字だからそんなに影響ないと思うけど。

URLs typed or pasted inside the Tweet will be counted towards the character limit as they do today.

普通のURLに関してはこれまで通りに文字のカウントに含まれるということ。

d=”自分のつぶやきをRT引用できるように”>自分のつぶやきをRT・引用できるように

自分自身のつぶやきにRTボタンを付けるので自分でもRT・引用できるようになる

We’ll be enabling the Retweet button on your own Tweets, so you can easily Retweet or Quote Tweet yourself when you want to share a new reflection or feel like a really good one went unnoticed.

こちらは
Coming soon: express even more in 140 characters | Twitter Blogs
からの情報。

引用自体はこれまでも裏技的にできたのだけど、RTができるようになったと。

まとめると

  • リプライの文字数制限緩和
  • 「.@」がいらなくなる
  • メディア付きツイートの文字数制限緩和
  • 自分のツイートをRT・引用できるように

といったところだろうか。

Twitter

d=”徐々に変更”>徐々に変更

これらの変更は徐々に行っていく…ということなので、明日から変わるよ!というわけでもなさそう。
詳しくは公式アカウントからのつぶやきがあるみたい
* なので、フォローしておくと便利かも。少なくとも2ちゃんまとめをRTするよりは有用だよ!

TwitterDev (@TwitterDev) | Twitter

この記事で使用したイラストは「いらすとや」さんからお借りしました
いらすとや

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です