バンクシーTシャツをコンビニで着るんじゃない

先日、コンビニに立ち寄った際にバンクシーの作品がプリントされたTシャツを着た人を見かけた。

そんなものあるのか!と1年ぶりくらいにZOZOTOWNで検索してみたところ、結構あちこちのブランドがバンクシー作品のTシャツを発売しているようだ。お値段3000円也。Tシャツだけでなくクッションやらトートバッグにもなっているらしい。


しかし、アート作品モチーフのTシャツはよく見かけるけど、よりにもよってバンクシーってどうなんだろうと思う。バンクシーのテーマには「反消費社会」が含まれていると思うんだけど、その作品群をファストファッションの題材とするとは恐れ入る。

もしかしたら芸術作品としての役割は「ファストファッション」「コンビニ」で利用されることで満たされるのかもしれない。アートって難しいなあ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です